« ついに北斗減台 | Main | 動態視力 »

BIGボーナスで250枚

パンクしたわけでもないのにこの数(^_^;)

本日、初めてのホールで巨人の星3を打ったのだが、予備知識はゼロ。とりあえずBIGを引いたのはいいのだが、左リールは白7を狙わないとメダルがとれないことを知らず、その上リプレイはずしにも失敗して、ひどい結果を招いてしまった。

結局僅かな負けで収まっているのだが、おお負けしたきがしてならない。

|

« ついに北斗減台 | Main | 動態視力 »

Comments

まぁBタイプですからねぇ・・・と思ったら、これはBタイプの大量獲得タイプで450枚ぐらい出る機種なんですね(^_^;)
200枚損したと思うと、確かに痛い(+_+;)
季節的に、そろそろ封印しとかないと、ヤケドしそうな気がする師走のパチ屋であります。

Posted by: ちいしゃ | December 07, 2005 01:16 AM

そう、B400(もしかするとB450かな?)だと思います。この200枚が取れておればわずかなプラスになっていただけに(;_:)

しかし、吉宗みたいに「誰でも711枚」というのも安心ですが、こういう技術介入(というほどのものかは知らないが)要素のあるものも楽しいですね。

巨人の星の前作は液晶でなかったので打ったことはなかったのですが、こちらは時々遊んでみてもいいかも、って思ってます。「特訓モードでリプレイ4連続でボーナス確定」というのはなかなか燃えますね。BIGボーナスの2度目のJACINが巨人の星の最終回というのもなかなか。

Posted by: まのちゃん | December 07, 2005 12:43 PM

職場の同僚が「夢夢ワールドDX」で稼ぎまくっている、ということなので、今日打ってみました。2店舗通して、投資21K、回収28.4K。しかしBB11、RB9というBR比はいかがなものか(T_T)。確かBR比=2:1のはずなのだが・・・
2軒目では1KでBBがかかって、その後、多少のハマリはあったものの、BBが6回続けて出て、「いやぁ、これは素晴らしい」と思ったのも束の間、今度は6回続けてRBが出ました(笑)

これもB400ST機なので、うまくいったときは437枚ぐらい取れました。ダメなときは325枚ぐらいですが。はずしは逆押しでオートです。
まだ演出とか仕組みとか全然わからずに打っていたので、ヤメどきもアツい演出もさっぱりわかってません(^_^;)

しかし、途中で「カイジ」を16Kほど打っているので、トータルではマイナス8.6Kでありました(T_T)。ということで、今日は似たようなタイプの機種ばかり打っていたワケです。

Posted by: ちいしゃ | December 08, 2005 12:04 AM

以前読んだ攻略誌によると、夢夢ワールドDXのRT解除条件は、基本的にはモード移行時(原始→航海→未来)に解除抽選及び次のモード移行までのG数の抽選を行い、当選したときはほぼ20G以内に解除されるとのことです。したがって、モード移行が多ければ多いほどボーナスへの期待度が高いようです。
ボーナス放出後55G以内の放出確率が60%ほどあるそうなので、やめ時のひとつのめどは、ボーナス終了後55Gを越えた後のモード移行後20Gらしいです。なお、モード移行の法則が崩れたとき(例:未来→航海)は期待度大なので、もう少し続けたほうがいいかもしれません。(但し100%ではない)

また、これと関係なく、スロットステージは毎回解除抽選という特殊モード(既定数解除の演出の場合もあるようですが)で、巨人の星の特訓モードのようなものです。シャッターチャンスのほうは、単なる激アツ演出だそうで、いわば番長の特訓モードの期待度が高いやつって感じですかね?

なお、台の説明には「リプレイはずしは残り7Gまで」なんて書いてありますが、これで何回パンクさせたことか(^_^;)

Posted by: まのちゃん | December 08, 2005 12:38 PM

おお、解説ありがとうございます。
それにしても7Gまでハズしますか・・・
ワタシが打つ前に携帯のHAZUSEで確認したところでは8Gまでハズして、7G以降は入れる、とありました。それを守ったら、ラスト1GでのJACINが2度ほどありましたが、パンクはなかったです。

Posted by: ちいしゃ | December 10, 2005 12:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BIGボーナスで250枚:

« ついに北斗減台 | Main | 動態視力 »